メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田川・丸山公園整備

草スキー場・きれいなトイレ・花壇 老若男女がアイデア /福岡

 田川市が計画している丸山公園整備について利用者の立場で考えようというワークショップが30日、同市後藤寺アーケード内の「おしごとテラス」であった。

     後藤寺をよりよいまちにしようと取り組む市民グループ「ないある後藤寺応援団」(花石恵子世話人)が開き、中学生から70代のメンバーや市担当者ら26人が参加。意見を交わした。

     まず、市の担当者が「まちの歴史を継承」「四季折々の花が楽しめる」などのコンセプトで、桜や藤棚、野外ステージ、花木園、散策路などを4カ年で整備する計画を説明した。初年度の整備事業は7月から始まる。

     参加者は、中高生、子育て中のママ、60代、70代などそれぞれの立場からアイデアを披露。「のり面を草スキー場に」「明るくきれいなトイレに」「市民花壇コーナーを」「屋根があり、ご飯を食べたり、読書ができたりするスペースがほしい」など活発な意見が出された。【武内靖広】

    〔筑豊版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
    2. 宮内庁 週刊誌報道を否定 小室さん巡る皇后さま発言
    3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
    4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
    5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]