メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

提訴

とび職実習できず土木作業 比人男性、賠償求め /熊本

 とび職の技能実習生として来日したのに、熊本地震の被災家屋の解体作業などに従事させられたとして、熊本県に住むフィリピン人男性(29)が6月29日、実習先の同県御船町の建築会社と派遣元の岡山市の監理団体に対し、慰謝料など計約540万円の損害賠償を求め、熊本地裁に提訴した。

 訴状によると、男性は2015年から3年間の実習期間で来日したが、当初の実習…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです