メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

対米、報復関税の波 「貿易戦争」過熱 米中、全面対決へ

世界に広がる米国への報復関税への動き

 トランプ米政権が今年3月に発動した鉄鋼・アルミニウムの輸入制限に対し、各国が報復措置に出ている。トランプ氏は自動車・同部品についても輸入制限発動に必要な調査を「3~4週間」で終わらせる意向を示しており、さらなる反発は必至だ。7月6日には米中が互いに追加関税を発動する予定で、制裁と報復が連鎖する「貿易戦争」が世界経済を揺らしはじめた。

 「我々が引き下がることはない」。カナダのフリーランド外相は6月29日、予定通り7月1日に対米報復関…

この記事は有料記事です。

残り2240文字(全文2458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです