メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ大統領選

新空港、議論 トップ候補が中止主張

ロペスオブラドール氏=ロイター

 【メキシコ市・山本太一】任期満了に伴うメキシコ大統領選が1日、実施される。世論調査では元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)がトップを走り、史上初の左派政権誕生の可能性が高まっているが、同氏の掲げる新国際空港建設の中止を含む見直しの公約が議論を呼んでいる。1400億ペソ(約7700億円)の建設費用を「高すぎる」とする主張に一定の支持が集まるものの、工事を中止すれば「余計に無駄な金がかかる」との批判も聞かれる。

 メキシコ市郊外のテスココ。フェンスに囲まれた約4600ヘクタールの敷地が3年前に工事が始まった現場…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文845文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. クックパッドニュース 「秋の味覚」をぎゅっと詰め込んだ旬食材たっぷりのお弁当!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです