メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『ウォーターゲーム』 著者・吉田修一さん

 ◆吉田修一(よしだ・しゅういち)さん

 (幻冬舎・1728円)

これまでになく「面白さ」意識

 産業スパイの主人公「鷹(たか)野(の)一彦」が活躍する著者の人気シリーズの3作目。ダム爆破事件を発端に、水道事業利権を巡る国際的な陰謀に鷹野たちが挑む。「これまでになく『面白さ』を意識して、振り切って書いた」という語り口は疾走感にあふれ、息もつかせない。「非日常のこれぞフィクションという作品だからこそ、表現できたリアルさがある」と手応えを口にする。

 日本の山間部でダムが爆破されて崩壊し、下流で大きな被害が出た。背後には、水道民営化と利権形成をもく…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 沢尻エリカ容疑者逮捕にNHK放送総局長「遺憾」「反社会的行為は容認できない」

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです