メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

聴神経腫瘍の治療法は=答える人・清水克悦准教授(昭和大病院・脳神経外科)

 Q 聴神経腫瘍の治療法は

 ふらつきや耳鳴りで受診した病院で聴神経腫瘍が見つかりました。再検査で変化はなく、半年後にまた検査をします。治療法はないのでしょうか。(千葉県野田市、男性、70歳)

 A 良性多く経過見て

 聴神経腫瘍は耳の奥と脳をつなぐ前庭神経から発生する良性の腫瘍です。耳鳴りやふらつきが初期の典型的症状で、腫瘍が大きくなると腫瘍側の耳が聞こえにくくなりますが、基本的に良性なので別の部位への転移はなく、大きくならずに経過する場合もあります。

 このため腫瘍がとても小さいうちに見つかった場合は、磁気共鳴画像化装置(MRI)検査などで定期的に観…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文928文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです