メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・米原の竜巻

風速65メートル 近畿最強級、北へ3.7キロ移動

突風の被害に遭った家屋を片付ける近隣住民のボランティアたち=滋賀県米原市で2018年6月30日午後1時51分、猪飼健史撮影

 滋賀県米原市で6月29日に発生した竜巻とみられる突風について、気象庁は30日、現地調査の結果、風速約65メートルの竜巻と推定されると発表した。風の強さを示す「日本版改良藤田スケール」では6段階中、上から4番目の「JEF2」に該当する。気象庁や市によると、突風は南から北へ約3・7キロ動いていたことが新たに判明。140棟の建物が被害を受けており、関係者はがれき撤去などの対応を急いでいる。

 突風は29日午後に発生。割れたガラスなどで男女8人がけがをした。気象庁などによると、米原市の北方地…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです