メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島市

大消費地で納豆製造の危機 老舗廃業、1業者に

廃業を決めた大文字屋本店=福島市で2018年6月28日、宮崎稔樹撮影

 総務省の2017年の家計調査で1世帯当たりの年間購入額が日本一だった納豆の大消費地・福島市で、地元での納豆の製造が危機にひんしている。江戸時代からの歴史を持つ老舗が6月で生産を終了し、生協系の1業者のみになったのだ。東京電力福島第1原発事故で体力を奪われ、県外大手に対し劣勢を強いられたことも背景となった。【宮崎稔樹】

 6月28日夕、福島市荒町の「大文字屋本店」。納豆を発酵させる「室(むろ)」と呼ばれる作業部屋には空のケースが積まれていた。1865年から続けてきた納豆の製造は前日で終わり、50年以上使ってきた豆を蒸す釜やパック詰めの機械も止まったままだ。5代目の斎藤一久社長は「できれば続けたかった」とつぶやいた。

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです