メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受動喫煙対策

やじの穴見氏が患者本人に文書で謝罪

自民党の穴見陽一衆院議員

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案の審議中、自民党の穴見陽一氏(48)が参考人のがん患者にやじを浴びせた問題で、穴見氏が謝罪文書を患者本人に送っていた。騒動以降、穴見氏は公の場に姿を見せておらず、法案も掘り下げた議論がないまま7月にも成立する見通しだ。患者側は「穴見氏は自分の口で説明し、命に関わる法案をより真摯(しんし)に議論してほしい」と訴えている。

 謝罪文書を受け取ったのは、日本肺がん患者連絡会理事長の長谷川一男さん(47)。文書は25日付で、穴見氏は「喫煙する機会が狭められていくことへの思いが出てしまった」「不快な思いを与えてしまった」とわびた。ファミリーレストラン「ジョイフル」の役員であることにも触れ「(長谷川さんの意見は)お客様へのサービスの視点からも真剣に考えなければならない」と記した。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです