メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ漁

深刻な不漁続き国際会議で漁獲制限提案へ

水揚げされたサンマ=千葉県銚子市で、近藤卓資撮影

 深刻な不漁が続くサンマ漁について、政府は7月3日に東京都内で開幕する国際会議「北太平洋漁業委員会(NPFC)」で、国や地域別の漁獲制限を提案する。急増する公海での乱獲に歯止めをかけるのが狙いだ。ただ、サンマの漁獲量を伸ばしてきた中国などの反発は必至で、議論は難航しそうだ。

 サンマは産卵のため、夏から秋にかけて太平洋の公海から日本近海にやってくる。日本やロシアは主に自国の排他的経済水域(EEZ)内で漁をしているが、中国や台湾などは近年、日露のEEZ手前の公海で操業し、漁獲量を増やしている。

 全国さんま棒受網漁業協同組合(東京都港区)によると、2017年の日本の漁獲量は7万7169トン。こ…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文864文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです