米国

トランプ氏 ロシアのクリミア編入承認に含み

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は6月29日、ロシアによるウクライナ南部クリミア半島の一方的な編入について「今後の状況を見なくてはならない」と述べ、承認の可能性に含みを見せた。クリミア編入などを理由に科している対露制裁の解除についても「ロシアの出方を見たい」と述べた。

 トランプ氏とプーチン露大統領は7月16日、ヘルシンキで会談に臨む予定。米国や北大西洋条約機構(NATO)加盟…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

注目の特集