メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界遺産

潜伏キリシタン末裔に感慨「祈りの場として」

世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」構成資産の大浦天主堂=長崎市で2018年5月21日、本社ヘリから森園道子撮影

 30日にバーレーンであった国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会で世界文化遺産に登録が決まった「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎、熊本両県)。構成資産がある長崎県・野崎島(小値賀町=おぢかちょう)で禁教の時代を生きた潜伏キリシタンの末裔(まつえい)で、カトリック信者の瀬戸美咲さん(28)=福岡市=は「弾圧を耐え抜き、信仰を伝え続けてきた歴史が認められてうれしい」と吉報に感慨深げだ。

 北九州市生まれの瀬戸さんは両親がカトリック信者で、幼い頃から教会に通った。両親は、潜伏キリシタンが…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです