IT講師刺殺1週間

ネット憎悪がリアル暴力に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松本容疑者とみられる人物を巡るネット上のやり取りと事件の経過
松本容疑者とみられる人物を巡るネット上のやり取りと事件の経過

 福岡市中央区の起業支援施設でIT関連セミナーの講師をしていた男性が刺殺された事件は、ネット空間で膨らんだ憎悪が現実の世界の暴力となって表れる危険性を浮き彫りにした。事件発生から1日で1週間。事件の背景にネットの匿名掲示板における不特定多数とのやりとりがあった可能性が指摘されており、ネットユーザーらの間には「誰が狙われてもおかしくなかった」という不安が広がっている。【柿崎誠、石井尚、平塚雄太】

 ネットの事情通らによると、殺人容疑で逮捕された福岡市東区の無職、松本英光容疑者(42)とみられる人物は数年前から、匿名掲示板で「低能」「ゴミクズ」などと他のユーザーを中傷する内容の書き込みを始めた。その後、他のユーザーから皮肉を込め「低能先生」と呼ばれるようになった。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1599文字)

あわせて読みたい

注目の特集