メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

鉄棒落下の内村“燃え尽き”で調整進まず

【第72回全日本体操種目別選手権・予選】鉄棒で落下し予選落ちした内村航平=群馬県高崎市の高崎アリーナで2018年6月30日、宮間俊樹撮影

 体操の全日本種目別選手権第1日は30日、群馬県の高崎アリーナで男女の予選が行われ、唯一出場した鉄棒で、「カッシーナ」など手放し技を次々と決めて観客を魅了した内村航平(リンガーハット)。最後の着地に向かう車輪で手を滑らせ、背中から落下した。会場はため息に包まれた。演技後は、「悔しいというよりも、(気持ちを)どこにぶつけていいのかわからない」と苦笑いだった。

 4月の全日本選手権では3位に終わったが、5月のNHK杯で逆転優勝した。世界選手権の代表入りも決まっ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  3. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  4. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  5. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです