メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢つないで

魅惑のタカラヅカ 雪組公演 Gato Bonito!!/凱旋門 美しいネコ、熱くラテン

雪組「Gato Bonito!! 」で歌う雪組トップスターの望海風斗(左)とトップ娘役の真彩希帆=宝塚大劇場で、山崎一輝撮影

 宝塚大劇場で雪組が上演しているのは、パリに逃れてきた男女の大人の恋を描いた「凱旋(がいせん)門」と、トップスターの望海風斗(のぞみふうと)ら出演者が肌を褐色に塗って熱く踊るラテンのショー「Gato Bonito!!(ガート・ボニート)」という対照的な2本立て。ネコをテーマにした「ガート・ボニート」を手がけた演出家の藤井大介は、望海の「美しくてナイーブでよく泣く」ところからネコのイメージが浮かんだという。

 ショーがラテンになった理由は「(望海が)一見クールに見えて、実は熱いから」。歌だけでなく踊りにも秀…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです