メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢つないで

魅惑のタカラヅカ 雪組公演 Gato Bonito!!/凱旋門 美しいネコ、熱くラテン

雪組「Gato Bonito!! 」で歌う雪組トップスターの望海風斗(左)とトップ娘役の真彩希帆=宝塚大劇場で、山崎一輝撮影

 宝塚大劇場で雪組が上演しているのは、パリに逃れてきた男女の大人の恋を描いた「凱旋(がいせん)門」と、トップスターの望海風斗(のぞみふうと)ら出演者が肌を褐色に塗って熱く踊るラテンのショー「Gato Bonito!!(ガート・ボニート)」という対照的な2本立て。ネコをテーマにした「ガート・ボニート」を手がけた演出家の藤井大介は、望海の「美しくてナイーブでよく泣く」ところからネコのイメージが浮かんだという。

 ショーがラテンになった理由は「(望海が)一見クールに見えて、実は熱いから」。歌だけでなく踊りにも秀…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文706文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです