メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
八十八霊場巡り

青森・油川地区の僧侶が昭和初期開山 住民ら130人健康祈る /青森

 青森市・油川地区の山に四国八十八カ所霊場の本尊を模した88体の石仏群がある。「青森四国八十八カ所」と呼ばれるこの霊場は、昭和初期に青森にたどり着いた僧侶が開いたもので、約85年が過ぎた今も地元の人々の信仰に支えられている。住民らでつくる「油川コミュニティ協議会」が1日、霊場をめぐるツアーを企画し、参加した約130人が、家内安全や健康を祈りながら約3時間かけて約8キロの山道を歩いた。【岩崎歩】

 霊場巡りの出発点は、山のふもとにある「修験道信道院」(同市羽白野木和)。伊藤信教住職によると、この…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文801文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです