メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八十八霊場巡り

青森・油川地区の僧侶が昭和初期開山 住民ら130人健康祈る /青森

 青森市・油川地区の山に四国八十八カ所霊場の本尊を模した88体の石仏群がある。「青森四国八十八カ所」と呼ばれるこの霊場は、昭和初期に青森にたどり着いた僧侶が開いたもので、約85年が過ぎた今も地元の人々の信仰に支えられている。住民らでつくる「油川コミュニティ協議会」が1日、霊場をめぐるツアーを企画し、参加した約130人が、家内安全や健康を祈りながら約3時間かけて約8キロの山道を歩いた。【岩崎歩】

 霊場巡りの出発点は、山のふもとにある「修験道信道院」(同市羽白野木和)。伊藤信教住職によると、この油川地区に八十八カ所霊場が開山したのは1933(昭和8)年9月。九州出身の僧侶で、地元住民らと信道院を開院した初代住職の萩原信道氏(故人)が提案したことに始まる。

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 核兵器禁止条約、批准国で順次発効 締約国会議はオーストリア開催へ 日本参加は?

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです