メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八十八霊場巡り

青森・油川地区の僧侶が昭和初期開山 住民ら130人健康祈る /青森

 青森市・油川地区の山に四国八十八カ所霊場の本尊を模した88体の石仏群がある。「青森四国八十八カ所」と呼ばれるこの霊場は、昭和初期に青森にたどり着いた僧侶が開いたもので、約85年が過ぎた今も地元の人々の信仰に支えられている。住民らでつくる「油川コミュニティ協議会」が1日、霊場をめぐるツアーを企画し、参加した約130人が、家内安全や健康を祈りながら約3時間かけて約8キロの山道を歩いた。【岩崎歩】

 霊場巡りの出発点は、山のふもとにある「修験道信道院」(同市羽白野木和)。伊藤信教住職によると、この…

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文801文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中
  5. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです