特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

全日本クラブ野球選手権

第1次福井・石川・富山県予選 ロキテクノが大勝 第1代表に /富山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【ロキテクノベースボールクラブ-バンディッツベースボールクラブ】六回表ロキテクノBC1死満塁、沢田が左前適時打を放ち、2者を迎え入れて勝ち越し=富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで、青山郁子撮影
【ロキテクノベースボールクラブ-バンディッツベースボールクラブ】六回表ロキテクノBC1死満塁、沢田が左前適時打を放ち、2者を迎え入れて勝ち越し=富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで、青山郁子撮影

 社会人野球の第43回全日本クラブ野球選手権大会(日本野球連盟、毎日新聞社主催)の第1次福井・石川・富山県予選は第2日の1日、富山市下飯野の市民球場アルペンスタジアムで第1、2代表決定戦を行った。ロキテクノベースボールクラブ(上市町)が15-3で、バンディッツベースボールクラブ(富山市)に大勝し、28、29日に新潟市内の2球場で開催される2次予選に第1代表で出場する。

 代表決定戦で勝ち越し打を放ったロキテクノBCの沢田泰輔捕手が最高殊勲選手賞、バンディッツBCの井原拓海投手が敢闘賞、同BCの大城永遠内野手が打撃賞(7打数4安打、5割7分1厘)にそれぞれ選ばれ、表彰式で連盟役員から盾などが贈られた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文746文字)

次に読みたい

あわせて読みたい