第100回全国高校野球

東・西愛知大会 大府コールド発進 愛工大名電も快勝 /愛知

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念東・西愛知大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は1日、10球場で1回戦25試合を行った。東愛知大会では、第90回記念大会で東愛知代表として甲子園に出場した大府が11-0で内海にコールド勝ちしたほか、豊橋西が延長十四回(十三回からタイブレーク)の接戦を制した。西愛知大会では「私学4強」の一角を占める愛工大名電が9-2で豊明を降し、100回連続出場の旭丘も初戦を突破した。両大会は7日に再開され、10球場で1、2回戦計26試合が行われる予定。【高井瞳、石塚誠】

この記事は有料記事です。

残り3093文字(全文3340文字)

あわせて読みたい