メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光列車「あめつち」

待ってました 鳥取-出雲市運行開始 松江でお出迎え /島根

JR松江駅に到着した観光列車「あめつち」を歓迎する人たち=根岸愛実撮影

 鳥取-出雲市間を走るJR西日本の観光列車「あめつち」が1日、「山陰デスティネーションキャンペーン」に合わせて運行を開始した。関係者らは、山陰の魅力を発信する新しい観光資源のスタートを祝った。

 あめつちの車体は、山陰の空や海を表現した紺碧(こんぺき)色と、山々や日本刀の刃文(はもん)をイメージした銀色。内装には両県の伝統工芸品があしらわれている。

 運行初日となったこの日、鳥取駅では「鳥取しゃんしゃん鈴の音大使」が伝統の傘踊りでお出迎え。午前8時…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  2. 羽生は11番目 フィギュアNHK杯男子滑走順決まる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  5. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです