メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポロシャツ

障害者手作り、好評 4月スタート、土佐町のNPO法人 産物イラスト、300枚超販売 /高知

高知県土佐町オリジナルポロシャツを印刷するどんぐりのメンバー=同町で、松原由佳撮影

 障害者が働きながら知識や技術を習得する「就労継続支援B型事業所」のメンバーが、町オリジナルデザインのポロシャツ作りに取り組んでいる。「シルクスクリーン」と呼ばれる印刷手法で1枚1枚手作りしており、今年4月の販売開始以降、既に販売枚数は300枚を超え、好評だ。【松原由佳】

 シャツを手掛けているのは、障害者の就労を支援している「NPO法人 れいほくの里どんぐり」(土佐町田井)のメンバー。元々は土佐町の暮らしを伝えるウェブサイト「とさちょうものがたり」の運営メンバーらがTシャツづくりをしていた。昨冬、町社協から「障害者の作業にできないか」と、とさちょうものがたり編集長の石川拓也さん(43)に提案があった。…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  4. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  5. 大阪うめきた 梅田墓に「大坂七墓」物証の人骨200体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです