脳内たんぱく質

恐怖記憶薄める物質、東大チーム発見 PTSD治療に期待

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 体験した恐怖の記憶を和らげる脳内のたんぱく質をマウスで発見したと、東京大の森川桃特任研究員と広川信隆特任教授のチームが米科学誌セル・リポーツに発表した。心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療法開発に役立つ可能性があるという。

 生物には、臓器や細胞の活動に必要な物質を運ぶ分子モーターと呼ばれるたんぱく質が多数存在する。チームは、役割が不明だった分子モーター「KIF21B」が、脳内で学習や記憶をつかさどる部位「海馬」に集中的に分布することに気づいた。そ…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文571文字)

あわせて読みたい

注目の特集