特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

そこが聞きたい

認知症サポーター、1000万人に 「全国キャラバン・メイト連絡協議会」事務局長・菅原弘子氏

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

安心して住める地域を

 認知症を正しく理解する講座を受講し、地域で認知症の人を見守る「認知症サポーター」=1=が今年、1000万人を超えた。超高齢社会を迎え認知症の人が増え続ける中、サポーター数の伸びは政府の目標を上回っている。サポーターによって社会はどう変わったのか。事務局を担う「全国キャラバン・メイト連絡協議会」の菅原弘子事務局長に聞いた。【聞き手・永山悦子、写真・藤井太郎】

--認知症サポーターという仕組みは、どのように考案されたのですか。

この記事は有料記事です。

残り2848文字(全文3071文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集