メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 米の「対イラン」注視 元パキスタン外相 カーシッド・マフムード・カスリ氏

パキスタンのカスリ元外相=松井聡撮影

 核兵器を自ら開発した国が核兵器を手放したのは、これまで南アフリカ以外、例がない。パキスタンの核開発を指示したズルフィカル・ブット元首相が「草を食べてでも、核武装を果たさなければならない」と言ったように、大変な思いをしてやっと手にした核兵器を手放すのは極めて難しい。とりわけ北朝鮮やパキスタンのように、安全保障上の懸念を抱える国はなおさらだ。

 ただ、超大国の米国は世界のどの国にとっても「隣人」で、結局、我々は米国とうまく付き合っていくしかな…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文914文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです