メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

羽生結弦選手、国民栄誉賞 いつでもユヅは最高だった 世界初の4回転半へ

2018年平昌五輪=手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケート男子の羽生結弦選手(23)=ANA=に2日、国民栄誉賞が授与される。スケート界では初めてで、個人としては史上最年少となる。2014年ソチ五輪でフィギュア男子では日本人初の金メダルを獲得すると、右足首の負傷が完治しないまま臨んだ今年の平昌(ピョンチャン)五輪では66年ぶりとなる連覇を達成し、同五輪で日本勢第1号の金メダリストとなったことなどが評価された。

 度重なるけがに泣かされながらもフィギュア界の先頭を走ってきた。ぜんそくや足、腰の痛みには、競技人生…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「紅白」司会に綾瀬さんと桜井さん 総合司会は内村光良さん

  2. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  3. ことば AYA世代

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです