メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第6局の1

意表の銀上がり 観戦記・椎名龍一

 ここまでの星は佐藤名人から見て●〇●〇〇の3勝2敗。第5局で羽生の先手番を破ったのが大きな白星で、佐藤が防衛にあと1勝と迫っている。対する羽生は名人奪取に2連勝が必要で、とにかく本局で白星をつかみ取るしかないという正念場に追い込まれた。

 第6局は将棋駒の産地であり、温泉の街としても知られる山形・天童での対局である。駅を降りるとすぐに街角のいたるところにある将棋の駒が目に飛び込んでくる。橋が駒の名前だったり、歩道のタイルに詰め将棋が埋め込まれていた…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文606文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです