メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
学校と私

字と向き合い将来選択=女優・吉岡里帆さん

 小学校2年生のときに書道と出合いました。友だちに誘われて週に1度、書道教室に通い始めました。先生、友だちとの時間はあっという間に過ぎました。墨の匂いが安心感を与えてくれたことも覚えています。それ以来、学生時代は書道に打ち込みました。

 書道は人の思いも届けるものだと思います。書道教室で字と深く向き合うことを教わり、また、中国や日本の古典に触れ、字の意味を学びました。私は特に顔真卿(がんしんけい)(唐の書家)の作品や筆致が針のようにとがって鋭い針切(はりぎれ)という仮名文字が好きです。

 進学先も書道の実技試験のある地元の大学を選びました。あのころは将来について漠然と、書道を学び、地元…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文954文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです