メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

動画、見て撮って左官育成

左官職人として活躍する古屋さん=東京都文京区で、矢澤秀範撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 壁や床などをコテで塗って仕上げる左官職人。住宅様式の変化などで急減し、高齢化に直面する一方、自然素材や手仕上げによるデザインが見直されつつある。伝統の技を次世代へつなぐ最新の取り組みを紹介する。

 ●まずは塗ってみる

 「技は見て盗め」は、今は昔--。多くの若手や女性の職人を抱える「原田左官工業所」(東京都文京区)による左官職人育成術が、歴史ある業界に新風を吹き込んでいる。コテで塗る楽しさを、入社後すぐに経験させるのだ。

 新人教育には一流職人の動画を使う。「モデリング」という手法だ。新人は動画を見ながら、コテの持ち方や塗り方、体の動かし方を、とにかくまねる。自分の塗り姿も撮影してもらい、お手本との違いを比べる。これらを繰り返すことで、未経験者でも約1カ月で基本技術が身につくという。

この記事は有料記事です。

残り1923文字(全文2283文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バンクシー、マスクのネズミも コロナテーマに新作、動画投稿 英地下鉄に

  2. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  3. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  4. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです