メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

AIで広がる「学び」の可能性 受講者の利便性向上も

スタディサプリを使って学習する利用者。検索窓にキーワードを入れると、AIが関連の講義を抽出する=東京都新宿区の「スタディサプリラボ」で、水戸健一撮影

 <kyoiku no mado>

 さまざまな分野で急速に活用が進む人工知能(AI)が、教育に活用され始めた。話す言葉や書く文章、画像などのパターンも認識するようになったAI。学校や予備校などが取り入れることで、何が変わるのだろうか。現場を取材した。【水戸健一】

 東京都世田谷区の男子浪人生(18)は6月下旬、新宿区にある自習室で、国立大2次試験の数学の過去問題を解いていた。「確率」と「漸化式」の二つの単元にまたがる問題の解法がよく理解できないという。男子はタブレット端末を取り出し、学習動画配信サービス「スタディサプリ」のウェブサイトを開いた。

 「確率と漸化式」で検索すると、すぐにサービスが配信する七つの講義の動画が示された。どのタイミングで講師が該当のキーワードに言及したのかも表示されている。男子は「検索に手間がかからず、学習の時間を奪われることがない」と満足げだ。この検索の機能にAIが活用されている。

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  2. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  3. GoToトラベル、東京除外 都発着旅行や在住者 国交相、運用見直し表明

  4. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  5. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです