メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・サヘル・ローズ

瞳に映る風景 難民も普通の「ひと」

=太田康男撮影

 過ぎてはいますが、6月20日は何の日でしょうか? 「世界難民の日」なんです。

 ご存じの方も多いとは思いますが、意外とまだ記憶に残るほど認知されていないかもしれません。私は、「難民」というこの漢字が少し苦手です。この言葉や文字を見ただけで彼らに対する偏見を持つ方もいるからです。

 「難民」と呼ばれている人々の背景や事情はどこまで知られているのでしょうか。「難民」になりたくてなっている人はいない。政治的な理由、内戦や紛争に巻き込まれて、家族や家を奪われた人々。母国を捨てたい人はいない。それ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです