米大統領

自動車関税「20%だ」 調査結果待たず準備か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は1日放映の米テレビ番組で、検討中の自動車・同部品の輸入制限について、追加関税の税率が「20%だ」と初めて明らかにした。米政府は7月中にも輸入増加の影響調査を終え、結果次第で輸入制限を発動すると説明しているが、実際には調査結果を待たずに「20%関税」を準備していることをうかがわせた。

 トランプ氏は、FOXテレビのインタビューで、25%の追加関税が実施された場合、消費者負担が年間450億ドル(約5兆円)増えるとの試算を米自動車業界が出したことについて聞かれ、「実際には20%だ。正しい数値を使うよう言ってくれ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文418文字)

あわせて読みたい

注目の特集