メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ

大統領にロペスオブラドール氏 初の左派政権

ロペスオブラドール氏=AP

 【メキシコ市・山本太一】任期満了に伴うメキシコ大統領選の投開票が1日にあり、野党・左派「国家再生運動(Morena)」の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が当選した。メキシコ史上初の左派政権が誕生する。移民や貿易問題で難題を突き付けるトランプ米政権に強硬姿勢をみせてきたロペスオブラドール氏だが、勝利演説では米国との関係改善を目指す考えを示した。12月1日に就任し、任期は6年。

 一方、ロペスオブラドール氏は従来、米国、カナダとの北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉は自身の政…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文986文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです