菅官房長官

「地元の理解が大前提」陸上イージス配備で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
講演する菅義偉官房長官=秋田市で2018年7月1日午後4時43分、山本康介撮影
講演する菅義偉官房長官=秋田市で2018年7月1日午後4時43分、山本康介撮影

 菅義偉官房長官は1日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備が検討されている秋田市で「地元の理解を得ることが(配備の)大前提だ。防衛省に誠意を持って対応するよう指示した」と述べ、地元の意向を尊重する姿勢を強調した。自民党秋田県連大会の講演で語った。

 秋田県の佐竹敬久知事は6月22日に小野…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文275文字)

あわせて読みたい

ニュース特集