メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊戦

井山が防衛、7連覇達成 山下破り7冠維持

 福島県会津若松市の旅館「今昔亭」で、6月30日から打たれた第73期本因坊決定戦七番勝負第5局(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催、大和証券グループ協賛、福島民報社など協力)は1日午後7時6分、本因坊文裕(もんゆう)(29)=井山裕太九段=が挑戦者の山下敬吾九段(39)に228手で白番中押し勝ちし、4勝1敗でタイトルを防衛、7連覇を達成した。残り時間は山下3分、文裕15分。

 文裕は初戦を落としたが、第2局以降は4連勝した。これで昨年10月に復帰した7冠を維持した。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです