メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えてもらう前と後

パンチパーマとアーケードを博多華丸・大吉が力説するワケ

6月26日放送の「教えてもらう前と後」

「日本の文化の99.9%は福岡発!」と力説する華丸大吉。もちろんそんなわけはないが、実は福岡生まれ、というものが結構ある。6月26日放送の「教えてもらう前と後」では、華丸大吉が故郷を大自慢。福岡から全国に広まった画期的なアイデアは、今やしっかりと根付いていた。

アーケード商店街誕生のきっかけは福岡のデパート

 大吉「福岡で生まれたあるものが全国に700カ所ございます。」

 宮崎美子「私たちもそこへ行ったり、利用したことあります?」

 大吉「みなさんの街にも必ずと言っていいほどあると思います。」

 小倉優子「銀行とか?」

 大吉「(失笑)もし銀行なら私たちもうちょっと大声で言いますよ!」

 スタジオでは答えが出なかったそのあるものは、北九州の玄関口・小倉の「魚町銀天街」という商店街にあった。商店街の理事長、梯輝元さんが教えてくれた。

「公道上にアーケード作ったのは魚町銀天街が最初ですね」

 そう!福岡はアーケード街発祥の地だったのだ。

 アーケード街を作るきっかけは突如現れた百貨店。

「雨が降るとデパートにお客が流れるので、どうしたらいいのかなと」

「雨さえ降らなければ」と考えた末に、「街に屋根をつければ雨は降らない!」というアイデアがひらめいたそう。そして街を屋根で覆う大作戦を実行。こうして、日本初のアーケード街は昭和26年に誕生。全国にそのアイデアが広まっていったのだとか。

「パンチパーマ」が進化して「おばパン」に

 男性の個性的なオシャレアイテム「パンチパーマ」も実は福岡が発祥とか。

 門司港近くに、パンチパーマ発祥をうたう店がある。

「カットインマツナガ」は、一見、理容室には見えない気合いの入った外観で、看板には、「パンチパーマ発祥」と手書き文字。そして店内はタイムスリップしたかのような昭和の空間。店主の松永義和さんが教えてくれた。

「私がパンチパーマを考えました。港湾労働の人たちは、毎日頭を洗うもんですから、髪を洗っても型が崩れないようにする方法を考えたんです」

 そのパンチパーマは今や全国で様々な進化を続けている。東京都杉並区久我山の理髪店「ミナト3710」で、オーナーの板羽忠徳さんが、最新のパンチパーマ情報を教えてくれた。

「“おばさんパンチ”と呼ぶと長いので、“おばパン”という言い方で浸透してきました。最近、その髪型にする女性が多くなっていますね」

 手軽で手入れがラク! さらに女っぷりまで上げるスタイルだという「おばパン」。年を重ねるとともに薄くなりがちな髪質も、細かなカールで豊かなボリュームが復活。同時に、顔まわりをすっきり見せる小顔効果もあるのだとか。

 福岡、恐るべし!


 「教えてもらう前と後」の内容をもう一度おさらいするコラム「5分で読める!教えてもらう前と後」はこちら(http://www.mbs.jp/mbs-column/maetoato/)。

 番組をもう一度ご覧になりたい方はこちら(https://dizm.mbs.jp/

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです