メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

「万引き家族」とスイミー=小国綾子

小学校の国語の教科書に長く掲載されてきた「スイミー」(手前)と絵本=小国綾子撮影

 <スイミーは およいだ、くらい 海の そこを。こわかった。さびしかった。とても かなしかった>

 是枝裕和監督の映画「万引き家族」では、学校に通わず「父親」と万引きして暮らす少年が、古い国語の教科書に載っている「スイミー」(作・レオ・レオニ、訳・谷川俊太郎)を音読するシーンが強く印象に残った。

 是枝監督は見学先の養護施設で女の子が「スイミー」を懸命に朗読してくれた姿に心打たれ、その子に向けて映画を作ったという。

 「スイミー」は40年以上、小学校の教科書に採用される作品だ。1匹だけ兄弟たちと色違いの黒い小魚スイ…

この記事は有料記事です。

残り661文字(全文918文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです