連載

トレンドに迫る

エンタメ業界の旬の話題をリポートします。

連載一覧

トレンドに迫る

ヒットメーカー、普及に自信 3D映画の可能性

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジョン・ランドー=東京都港区で2018年6月14日、小林祥晃撮影
ジョン・ランドー=東京都港区で2018年6月14日、小林祥晃撮影

 世界的な映画のヒットメーカー、ジェームズ・キャメロンとジョン・ランドーがプロデュースする映画が12月に公開される。この2人は映画史上、最も興行収入の多かった「アバター」(2009年)と2位の「タイタニック」(1997年)に、それぞれ監督とプロデューサーとして関わった。新作は3D(立体)映画になるといい、世界的ヒットの期待も高まっている。どんな作品なのか。来日したランドーに聞いた。

 「作品の一部を日本の皆さんに最初にお見せしたい」

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1651文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集