メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

チョコミントブーム火付け役 慶応大学2年・牛窪真太郎さん

チョコミント商品に囲まれるうしくろくん=横浜市港北区の慶応大学日吉キャンパスの学食で

慶応大学2年 牛窪真太郎さん(20)

 近年「チョコミント」の人気が高まり、新たな夏の風物詩となりつつあるようだ。そのブームの火付け役と言っても過言ではないのが「うしくろくん」こと牛窪真太郎さん(20)=慶応大学2年。くしくも取材を行った6月20日は「ペパーミントの日」。うしくろくんと、大のチョコミント好きの記者が「チョコミントーク」に花を咲かせた。【津田塾大・畠山恵利佳、写真は早稲田大・木村由布花】

 涼しさを感じさせる鮮やかな色合い。チョコの甘さの後から、すーっと広がる清涼感。視覚と味覚、その両方…

この記事は有料記事です。

残り2381文字(全文2632文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです