メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第4講 アユ 清流育む、高温の花こう岩

紀伊半島のカルデラとアユの関わりについて話す巽好幸先生(左)と大引伸昭先生=三村政司撮影

 今が旬のアユは、清流を好むのが知られているが、それは巨大噴火のたまものだという。どんな地形と関係があるのだろうか? マグマ学者の巽好幸・神戸大教授と日本料理の大引伸昭先生(エコール辻大阪)に解き明かしてもらおう。

 今回用意していただいたのは和歌山・日高川の天然アユと琵琶湖のアユだ。アユは秋に川でふ化すると海に下り、春になると川をさかのぼってくる。そして初夏においしくなる。琵琶湖のアユは海には下れないからか小ぶりで、小アユと呼ばれる。大引先生は日高川でアユ漁35年のベテラン川漁師、林睦二さんと会ってきた。

大引「今年は雨による増水や冷水病で、今までにない不漁だそうです。昔は川にうじゃうじゃいたのが、今では…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです