メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

大槌町旧庁舎解体差し止め 住民、仮処分取り下げ 「工事休止で目的達成」 /岩手

 大槌町旧役場庁舎解体工事をめぐり、工事差し止めの仮処分を申し立てた住民団体代表らが2日、仮処分手続きを取り下げた。町が違法着工を指摘され、工事再開のめどが立っていないことから、「休止という所期の目的が達せられた」としている。旧庁舎に関する焦点は司法の場から、住民監査請求と臨時議会に移った。【藤井朋子】

 解体工事については、熟考を求める住民団体代表ら町民2人が住民監査請求をしたが、「工事が6月18日に迫っていて緊急性が高い」として、同11日に仮処分を盛岡地裁に申し立てた。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです