メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第五福竜丸展示館

改修休館 平和考えるきっかけを 資料貸し出し、学芸員派遣へ 江東 /東京

 1954年に米国の水爆実験で被ばくしたマグロ漁船・第五福竜丸を保存、展示する都立第五福竜丸展示館(江東区)が1日から改修のため一時休館し、これを機に資料貸し出しや学芸員の派遣に応じることになった。展示館は「平和や核問題を考えるきっかけにして」と全国の自治体や市民団体などを念頭に、展示会の開催を呼びかけている。【岩間理紀】

 貸し出すのは、第五福竜丸や世界の原水爆被害の写真、当時のガイガーカウンター(放射線測定器)、放射性…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文610文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです