メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハス

ロボットで刈り取り 東大大学院開発、大量繁殖の千葉・手賀沼で初実験 /東京

 ハスの大量繁殖が問題となっている千葉県の手賀沼で、東京大大学院が開発した自律航行型「ロボットボート」によるハスの刈り取り実験が初めて行われた。

 2012年からハスの駆除法を探ってきた市民団体「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」(八鍬雅子会長)に、同大学院が協力した。同会によると、1965年に1・5ヘクタールだったハスの群落は、17年に約16倍の23・6ヘクタールに拡大。生態系などへの影響が懸念され、県や…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです