メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハス

ロボットで刈り取り 東大大学院開発、大量繁殖の千葉・手賀沼で初実験 /東京

 ハスの大量繁殖が問題となっている千葉県の手賀沼で、東京大大学院が開発した自律航行型「ロボットボート」によるハスの刈り取り実験が初めて行われた。

 2012年からハスの駆除法を探ってきた市民団体「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」(八鍬雅子会長)に、同大学院が協力した。同会によると、1965年に1・5ヘクタールだったハスの群落は、17年に約16倍の23・6ヘクタールに拡大。生態系などへの影響が懸念され、県や…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 新型コロナ関連の解雇6万人超す 20日余りで1万人増 厚労省

  3. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです