ハス

ロボットで刈り取り 東大大学院開発、大量繁殖の千葉・手賀沼で初実験 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ハスの大量繁殖が問題となっている千葉県の手賀沼で、東京大大学院が開発した自律航行型「ロボットボート」によるハスの刈り取り実験が初めて行われた。

 2012年からハスの駆除法を探ってきた市民団体「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」(八鍬雅子会長)に、同大学院が協力した。同会によると、1965年に1・5ヘクタールだったハスの群落は、17年に約16倍の23・6ヘクタールに拡大。生態系などへの影響が懸念され、県や…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集