メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハス

ロボットで刈り取り 東大大学院開発、大量繁殖の千葉・手賀沼で初実験 /東京

 ハスの大量繁殖が問題となっている千葉県の手賀沼で、東京大大学院が開発した自律航行型「ロボットボート」によるハスの刈り取り実験が初めて行われた。

 2012年からハスの駆除法を探ってきた市民団体「美しい手賀沼を愛する市民の連合会」(八鍬雅子会長)に、同大学院が協力した。同会によると、1965年に1・5ヘクタールだったハスの群落は、17年に約16倍の23・6ヘクタールに拡大。生態系などへの影響が懸念され、県や…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  3. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです