メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

植物園カフェ

障害者就労 地域交流の場目指す 相模原公園内にオープン /神奈川

 相模原市中央区で障害者通所施設を運営する社会福祉法人「アトリエ」(磯部伸之理事長)が、同市南区の県立相模原公園のグリーンハウス1階オープンスペースを利用して、障害者が就労の「植物園カフェ」を開いた。障害者と共に生きる社会づくり、若者や子育て世代から高齢者までが交流する地域コミュニティーづくりの場を目指す。

 グリーンハウスは熱帯植物の大温室がメーン施設。1階オープンスペース(広さ147平方メートル)をカフェコーナーにした。これまで営業していた業者が撤退し、その後に植物園カフェが入った。アトリエは民家を改修した通所施設「一から百まで堂」を住民に開放。障害者が住民と一緒に軽い仕事をしたり、高齢者でも買い物などの介護相当サービスを受けられる事業を展開している。

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. どうすれば安全安心 登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

  3. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  4. 感謝状 迷子の4歳女児保護 お手柄の能古見小5年・熊本さんに 鹿島署 /佐賀

  5. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです