伊東のメガソーラー

建設計画 知事、林地開発を許可 規制条例適用か焦点に /静岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 伊東市で建設が計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)を巡り、川勝平太知事は2日、森林法に基づく林地開発の許可を出した。事業者は同日、許可に基づき建設を進める意向を改めて示したが、伊東市は6月施行のメガソーラー規制条例で事業に同意しない立場で、今後は条例が適用されるかが焦点になる。【松岡大地、梁川淑広】

 川勝知事は臨時記者会見を開き、「事業者はエネルギーという公益なものを担うだけの規範があるか深い疑念があるが、書類上問題がなければ条件は満たしていると言わざるを得ない」と許可の理由を述べた。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文787文字)

あわせて読みたい

ニュース特集