メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

資産公開

京都市長の所得1874万円 市議最高5663万円、平均1406万円 /京都

 京都市は2日、市長と市議の2017年分の所得、補充資産などの各報告書を公開した。門川大作市長の所得は計約1874万円で、全市議の平均所得は約1406万円だった。

 門川市長の17年分(1~12月)の給与所得は約1842万円。講演料や原稿料などの雑所得が約31万円。不動産や有価証券などによる所得はなく、報酬のある会社や法人の役員、顧問などにも就任していない。

 市議は67人全員が公開対象となった。最高額は道端弘之氏(伏見区、自民)で議員報酬など約1276万円…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1684文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです