連載

教えて!ひろたに弁護士

毎日新聞デジタルの「教えて!ひろたに弁護士」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

教えて!ひろたに弁護士

/24 落とし物、届け出た人への謝礼は? 市価の5~20%を支払う /和歌山

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
え・南美羽さん(和歌山市立和歌山高校3年)
え・南美羽さん(和歌山市立和歌山高校3年)

 <教えて!ひろたに弁護士(せんせい)>

 Q 40代の男です。財布を落として慌てていたら、交番から「拾得物として届いている」と連絡をもらいました。胸をなでおろしましたが、交番では「届け出た人に謝礼し、警察がその人に発行した『拾得物件預かり書』を引き取って、交番に提出してください」と言われました。親切な方には感謝していますが、謝礼の相場はあるのでしょうか? 菓子折り程度でもいいのでしょうか? 財布には、現金2万円余り、60万円余りが入った普通預金口座の銀行キャッシュカード1枚とクレジットカード2枚、社員証、家族との思い出の写真などが入っていました。

 A 遺失物を届けてくれた人へのお礼について遺失物法は「報労金」と言い、その遺失物の価格の100分の5以上100分の20以下に相当する額を支払わなければならないと規定しています。

この記事は有料記事です。

残り794文字(全文1159文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集