メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松山城

国重文「仕切門」に傷 市、東署に被害届提出 /愛媛

松山城の国重要文化財「仕切門」の門扉につけられたこすり傷=松山市提供

 松山市は2日、松山城本壇内にある国重要文化財「仕切門」に複数のこすり傷を確認したと発表した。市は同日、文化財保護法違反にあたる疑いがあるとして松山東署に被害届を提出し、受理された。

 市観光・国際交流課によると、こすり傷は左側門扉の高さ70~125センチの部分に複数あり、なかには「人」のようなものを描い…

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです