メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国健康ナビ

紫外線対策で健やかな皮膚に 徳島大学病院 久保宜明、皮膚科診療科長・教授 /四国

 私たちは適度な日光浴によって、健やかな成長や体内でのビタミンD合成などの恩恵を受けていますが、日光を浴び過ぎることによる弊害もわかってきました。日光で問題になるのは紫外線で、中波長紫外線(UVB)と長波長紫外線(UVA)の2種類があります。紫外線により障害を受けるのは皮膚と目であり、皮膚障害は急性と慢性に分けられます。

 急性障害はよくご存じの日焼けで、ひどくなるとやけどと同じような症状になります。赤くなった後に皮膚が剥脱し、色素沈着を生じます。日焼けの主な原因はUVBです。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  3. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 委員会出席の区議に職員がお茶出すべきか 14年余も結論出せない豊島区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです