メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風7号

今夜最接近か 強風、大雨、土砂災害警戒を /大分

 大分地方気象台によると、台風7号は北上して3日に九州に接近するおそれがある。予報円の中心を進んだ場合、県内では3日明け方に風速15メートル以上の強風域に入り、同日夜に最接近する見通しだ。3日昼ごろには県内で雨のピークを迎えるとみられ、気象台は強風や大雨、高波への注意を呼び掛けている。

 台風の影響で、県内は大雨警報が3日明け方から3日夜遅くにかけて出る可能性がある。台風通過後も、吹き返しの風や雨に引き続き注意が必要という。

 3日午後6時までの24時間の予想雨量は、南部300ミリ、西部・中部250ミリ、北部150ミリ。波の高さは3~5メートルが見込まれる。気象台は「特に直近で大雨が降った日田や佐伯などは土砂災害の警戒が必要だ」と話す。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三菱重工広島vs日本新薬 第8日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗

  2. 改造スクールバスで「移動式ウエディング」 3密回避 名所巡りライブ配信も 北海道

  3. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 横綱の休場続きで重み揺らぐ角界番付 21年は新時代の幕開けか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです