メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

悪質タックル、大学理事「口封じ」圧力 問われる日大の体質

 悪質タックルにより、今季の公式試合出場停止処分を受けた日本大アメリカンフットボール部が再建の正念場を迎えている。日大が真相解明のために設置した第三者委員会(委員長・勝丸充啓弁護士)は不当な圧力、介入を行った関係者の存在を明らかにした。これまで内田正人前監督の影響力の排除が焦点だったが、改めて組織の隠蔽(いんぺい)体質をあらわにした。第三者委は大学当局のガバナンス(組織統治)のあり方も追及する姿勢を示している。【村上正、田原和宏、松本晃】

この記事は有料記事です。

残り2095文字(全文2316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです