メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

悪質タックル、大学理事「口封じ」圧力 問われる日大の体質

 悪質タックルにより、今季の公式試合出場停止処分を受けた日本大アメリカンフットボール部が再建の正念場を迎えている。日大が真相解明のために設置した第三者委員会(委員長・勝丸充啓弁護士)は不当な圧力、介入を行った関係者の存在を明らかにした。これまで内田正人前監督の影響力の排除が焦点だったが、改めて組織の隠蔽(いんぺい)体質をあらわにした。第三者委は大学当局のガバナンス(組織統治)のあり方も追及する姿勢を示している。【村上正、田原和宏、松本晃】

この記事は有料記事です。

残り2095文字(全文2316文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです