メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
火論

望郷の1世紀か=玉木研二

 <ka-ron>

 東京都江戸川区船堀にある浄土宗・法龍寺には「食用蛙(がえる)供養塔」がある。珍しい。朝鮮戦争のさなか、1952(昭和27)年10月、「東京都食用蛙組合」が建立した。役員・会員31人と、カエルの買い付けをしていた商店名が刻まれている。

 塔は摩滅が激しく最近建て直された。現住職の龍道(りゅうどう)さんが組合に連絡を取ろうと探したが、見つからなかった。67年生まれの現住職にも遠い時代である。祖父の先々代住職・順司さんが、生前この地域と食用ガエル(ウシガエル)の関わりを書き小冊子にした。貴重な地域史の記録だ。

 それによれば、ウシガエルが急増したのは戦後間もない47年の「カスリーン台風」から。洪水が引いた後、…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです